HISTORY

140年のあゆみ

140年から新たな歴史へ

140周年を迎えた東京商工会議所の
これまでのストーリーを紹介します。
初代会頭・渋沢栄一の精神を未来につないでいきます。

1878

1878年3月

東京商法会議所が
我が国初の商法会議所として設立

東京商法会議所 初代会頭
渋沢栄一

1931

1931年2月

珠算能力検定試験始まる
(検定試験制度の創設)

1955

1955年7月

簿記検定試験始まる

1985

1985年10月

合同会社説明会を初めて開催

1995

1995年11月

東京初のUHF局
「東京メトロポリタンテレビジョン」開局

2001

2001年4月

太平洋経済委員会(PBEC)
東京国際総会開催

2011

2011年9月

東日本大震災被災地での
遊休機械等の無償での
マッチング支援
プロジェクトを実施

2013

2013年9月

2020年オリンピック・パラリンピック
東京招致決定

point2017

2017年2月

中期ビジョン「中小企業の
再生による
日本経済の
成長力底上げを」策定

point2018

創立140年を迎えました。
これからも東京商工会議所は挑戦を続けていきます。

BACK